新万葉染めのオーガニックストール「matoi」

工房紹介

天然素材ストール「matoi」 HOME > 工房紹介

この場所でmatoiはつくられます

京都のカワバタプリントの工房をご紹介します。matoiはこの場所で、熟練の職人の手によって一枚一枚丁寧に染められています。手作業のため、大量生産はできませんし、ふたつとして同じものは生まれません。また、その日の天気や気温、湿度などによっても、色の出方・染まり方は変わってきます。しかしそれが、手染めならではのよさ。今日もこの場所から、世界に一つの作品が生まれています。

matoiの染色工程

matoiのふたつのパターン「うずまきストール」と「ペイズリーボーダー」の染色工程をご紹介します。

うずまきストール
1.うずまきをつくる中心を決め、中心に芯を置きます。
2.中心を崩さないように気をつけながら、ゆっくりと丁寧に布を巻いていきます。
3.絶妙な力加減でひもで括り、静かに藍で染めます。
ペイズリーボーダー(マリーゴールド×藍、濃染pt)
1.濃染用のプリント糊でペイズリー柄をプリントします。
2.布を正方形になるように屏風のようにたたんでいきます。たたみ方を誤るとまったく染まり方が変わってしまうため、この作業も慎重に行います。
3.たたんだ布を藍とマリーゴールドで染めます。
4.マリーゴールドの媒染(色素定着)には明礬(みょうばん)を使用しています。
5.綺麗な線を出すには経験と知識が必要です。理想の色になるまで何度も染めます。